「海へ」HMの山陽3030Fを狙う

「海へ」HMの山陽3030Fを狙う

8月頭、ずっと行きたかった明石に日帰り旅行を兼ねて行ってきました。
狙いは山陽電車で復刻したツートンカラーの3030F。

塩屋のS字カーブ

最初にやって来たのは、須磨浦公園〜塩屋にあるS字カーブ。
同業者の方々が何人かいました。

6000系。
短い編成だと面縦の方が良いのかもしれません。

三宮方にカメラを向けて海沿いの風景と一緒に撮ろうとやってみましたが、電柱や架線柱が目立つのと、逆光で正面が真っ暗に(笑)

しばらくすると3030Fが。

すぐにカメラを持ち替えて縦で。

滝の茶屋

次にやって来たのは、オーシャンビューな景色が見える滝の茶屋駅へ。

6000系の忍たま乱太郎ラッピング。

そして3030F

あまり良いとは思えない構図・・・

大蔵谷

明石寄りのカーブで撮るために大蔵谷駅へ。

サイト編集中に気づいた2度目の6006F。

この旅初めての5000系。

5000系を見るたびにかっこいいなぁと思います。クロスシートも柔らかくて好きです。

3000系。

3030F。
シルバーの5000系や6000系は気にならなかったのですが、ツートンカラーは逆光がかなり気になる・・・

海へHM

後追いは綺麗に順光。

東垂水

もう一度滝の茶屋で撮ろうと思いましたが、滝の茶屋に同業者が少し集まっていたので、ホームがカーブしている東垂水へ。

またまた忍たま乱太郎。

ようやくましな写真が撮れました。

最後に、カーブに入る3030F

今回は満足の行かないものが多かったので、3030Fのリベンジをまたそのうち行きたいなぁと思っています。


鉄道コムブログランキングに参加しています。
よろしければバナーのクリックをお願いいたします。

鉄道コム